2015年7月22日水曜日

溶岩の浸食による、海底の段差地形の出来方 の動画

陸上の風景が、海の中にそのままつながっているとは限らない。陸が100mを越す様な断崖絶壁でも、目の前の海の中はなだらかだったりする。

その逆で、陸がなだらかなのに、海の中に入ると突然、ドーンと断崖になったりもする。
 さて、何でだろう?。と思っていて、自分の中で解決すると凄く爽快で面白いのだけど、わからない時は何のキッカケもなく、悶々と妄想が進まないのでドヨーんとする。
 
伊東市富戸のヨコバマと言われる海に広がる、棚田の様な海底の段差の謎はわかったので爽快感が高い。


 
 ほらほら、こういうことなんだよ!ってみんなに言いたくて動画を作ってみた。
平らな部分はもうちょっとひろいんだけど、勢いで作ったので今いち狭い棚田だな。16:9のサイズで作ればよかった。普通に4:3で作り始めるところが、自分がアナログ世代なんだなと痛感する・・・

さて次は何に立ち向かおう。
巨石の急斜面。ってどうやって出来るのかな?にしようかな。

2015年7月1日水曜日

海を泳ごうに参加!2015


2015年6月28日 伊豆半島 富戸→IOP

 水温22度 透視度20m
今日は、「海を泳ごう2015」に参加! 富戸の港から海洋公園までの2.7キロをスノーケリングして楽しんだ。

 

海は、絶好のベタナギ。透視度は20m越えかという絶好のコンディションだ。...
今回は200名近くが参加して、スタートの海はスノーケリングのダイバーだらけ、スタートの時のこんな混雑って、なんかレースっぽくってワクワクするね。(レースじゃないけど)



透視度がいいので、水面からでもいろいろ見えて面白かった。
腕ぐらの長さの小さなドチザメや、人くらいある大きなドチザメが泳いでいるのが見られたりして、シャークな雰囲気抜群だった。
キビナゴの大群にかこまれたり、なんかよくわかんない群れにかこまれたり。水面って面白いね!
 僕的には、トビウオが泳いでいるのが見られてすっっっっごく嬉しかった! トビウオって水面にいるからね、なかなかダイバーには見られない魚なんだよね、水面を泳ぐスノーケリングならではだねぇ。


中間地点は、あの有名な城ヶ崎のつり橋と灯台をバックに記念撮影!
こんな風景、めったに見られないでしょう~。「海を泳ごう」ならではのショットだね。日曜日だったのでつり橋は観光客の方々でいっぱい。海から見てて、「あんなに乗ってつり橋落ちないかしら・・・?」って心配になっちゃうくらい(笑)

 上空はアマツバメがもの凄い群れで飛んでた。ここは営巣地として有名なのです。鳥界で世界最速と言われるアマツバメは、子育て以外に地上に降りる事は無く、寝るのも食べるのも飛びながら、富士山の山頂レベルまで上空を飛べるらしいですよ。そんなアマツバメもすぐ頭の上で飛んでてちょっと感動。 

 
2.7キロを、1時間12分かけて、10名無事にゴールしました。
「2.7キロ」なんて泳げるのかな・・・
なんて思うかもしれないけど、やってみると雰囲気がわかるんだよね。この経験は取っても大事で、普段のダイビングでも役に立つはず。
ダイビングって、徹底的にトレーニングをしないようなスポーツだけど、こうやって楽しんで経験を積めて、トレーニングになれば最高だ。


 
 
翌日の伊豆新聞。1面。載ってました。
レース部門のトップは30分でゴールだそうな。はや・・・


2015年6月26日金曜日

ワイルドオーシャン


2015年6月26日 伊豆半島 赤沢
水温20.6度/透視度10m(表層) 17.2度/8m(20m以深)
 

なぜか深い方が透視度悪い。
普通は、深くなると水温が下がって、透視度は良くなるんだけど。今日は水深20を超えると濁ってた。
良く見ると、中学校の理科の教科書に、顕微鏡写真として乗ってる様な、植物プランクトン的な楕円形の人たちがいっぱい浮遊してる。
なんだかは、よくわからない。
この手は、調べるのが難儀なので調べない。もやっとしたプランクトン、にとどめておく。
それが深い所に広がってた。
暖かくて浅いところのほうが透視度良く、青く。全長30センチ前後のムツの群れが、川の様に群れてた。



さて、今日は2ショット連発だ。
すっげーモヒカンなマトウダイの子供。まれで新マッドマックスに出てきそうな輩に、ゲストはタイマン張る。もちろん、結果は即勝ちで、マトウダイは視線を合わそうとしない・・・

かと思えば、1mはあるかというドでかいヒラメをわしづかもうとする。



そして今日のゲストは目ぢから強いぜ、胴長5ミリのお子ちゃまタコなんて秒殺で白旗万歳させる。
もちろん、許してやる。




 しかしね、ホシサメに食いちぎられそうになった時は正直ビビったよ。いやぁ、九死に一生だった。。。うん。...
(もうちょっと遠近法でサメをデカくk撮ればよかったなbyひとりごと)



今日はカメラ忘れて、予備のゴープロで撮ったので小さな物は全滅だぜ。
イイジマフクロウニに棲む、イイジマフクロウニヤドリニナが卵を産んでるなんて貴重なショットは、全然わかんないだろ?
俺も初めて見たのに、記録できないなんて記録的だろ?



ソフトコーラルに産み付けられた小さな卵達なんてのも、さっぱり良く見えねぇ。


 
ソフトコーラルに産み付けられた小さな卵達なんてのも、さっぱりだぜ。
やっぱり海は、ワィルドだなぁ・・・
 
 

2015年6月7日日曜日

寿司ネタとダイビング


2015年6月7日 伊豆半島 赤沢
水温19度 透視度7~12m
 
 
「コノシロ」、という魚。「コハダ」と言えばみんな知ってるだろうな、寿司のコハダだ。
ブリみたいに大きさで呼び方が変わる出世魚で、シンコ→コハダ→ナガズミ→コノシロ。と変わるんだそうな。ナガズミは知らなかったな。
ダイバーが見る魚としては、とってもとってもマイナーだ。というか、あまり見る事がない。のだけど、今日、港内に停泊中の船に寄りそって泳いでたのは、コノシロの子供じゃないかなぁ?
大きさは3センチないくらい。こういうサイズを「シンコ」と呼んで、とっても高級らしい。1キロでウン万円とかなんとか・・・ 同じ出世魚のブリは大きくなるほど高級になるけど、コノシロは小さい方が高級なんだって。
 


 
 
ビデオだとよくわかんないんだけどねぇ~
スタイル的にはコノシロかサッパかなぁ。サッパも岡山では「ママカリ」という郷土グルメ。同じニシン系の親戚は、どちらにしろ人間の大好きなお魚なようです。
赤沢は、川がないくせに汽水を好む様な魚が現れたりするのは、海底から真水が湧いているせいなのかな?
確かに、港内は海水と真水が混ざって、モヤ~としてるところがあるけど、生物は敏感に感じ取るんだろうな。
どれくらいの塩分濃度なんだろ?計ってみたいわぁ・・・
 
 
 

2015年6月5日金曜日

ムツの群れ登場


2015年6月4日 伊豆半島 赤沢
水温18.9~20度 透視度8~15m
 
伊豆から900キロほど南西の海でのお仕事から戻り、久々、でもない伊豆の海。温度は2度ダウン。までも、あんまり冷たくは感じないな。
昨日と今日の赤沢では、水面近くで20度丁度、15mくらいまでは19.4度、それ以上深いと18.9度だった。冷たい所は透視度15~20m。暖かい所は悪くて8mだ。
 

 
先月25日に確認したオキタナゴの出産は、まだ見られている。
でも来週はどうかなぁ?水深3mの浅瀬で出産しているメスの群れは、そろそろ産み終わりそうな感じ。堤防の沖側には、まだお腹の大きいメスの群れがいて、仔魚の群れもいるんだけど、動くエリアが結構広いので、出産シーンを観察するのがちょっと難しいなぁ・・・ な感じでございます。
子供の群れに混ぜて産むので、子供の群れに張り付いていれば見られるとは思うんだけどね、あんまり気配がないと心が折れるんすよねぇ。

動画は5月26日に撮影。後半のオキタナゴは、子供が横腹から飛び出てしまった雌だ。
卵ではなく、魚として産むというのは子が生き残る確率を高めるのではあると思うけど、大きな子供を産まなければならない分、リスクはかなりあるようだ。
出産がうまくいっていない雌は、100匹の群れで1、2匹は見かける。
 
 
 



ボートポイントの斜面では、ムツの群れがグッと増えた。
25センチ程度の若いムツの群れだ。
 この「ムツ」。食べるあのムツなんだけど、「クロムツ」では無いです。
「ムツ」と「クロムツ」は違う魚。形はかなり似ていて、昔は同じ魚ということになっていたようだ。
 赤沢の斜面に群れているのは黒くない「The ムツ」。
クロムツ同様大人は深海200mとか800mとかに棲んでいて、大きな個体だと1mあるとか。ダイバーの見ない深海魚なんだね。
 
稚魚は浅瀬で育ち、成長するにしたがって深い方へ引っ越ししてゆくのだけど、確かに、水深2mほどの浅瀬には5センチくらいの子ムツが群れてる。
丁度オキタナゴの子供が群れているのと同じ場所にいるのは、オキタナゴがご馳走だからだ。オキタナゴの子供の群れの近くにいる子ムツの群れをじ~と見てると、襲いかかるシーンも見られる。


動画の若いムツがいるのは水深10m~20mくらい。川のように列になって群れてた。
さらに、その下には大きなムツが・・・
いえ、見た事はないです。
僕にとっては、これくらいの大きさが「ムツ」です。それでいいです。

2015年5月6日水曜日

海の生物の白、赤、黒


2015年5月6日 伊豆半島 川奈
水温16度 透視度4~7m



ベニシボリガイ /TAKUTO



昨日は赤沢。悪かった透視度は10m程度と回復して青い海だった。
港内のミスガイ天国を攻めたり。ベニシボリを攻めたり。紅絞はホント綺麗だね、貝も綺麗だけど、半透明な体の縁が淡い青なところが繊細感たっぷり。小さな黒い点々な目も愛らしい。
スカシガイや大きなメリベウミウシ。火炎的な模様のユビウミウシなんて生物も登場して被写体には事欠かない海だ。 ん、なんか軟体動物多いね(笑)



ベニシボリガイ/YUMIKO


スカシガイや大きなメリベウミウシ。火炎的な模様のユビウミウシなんて生物も登場して被写体には事欠かない海だ。 ん、なんか軟体動物多いね(笑)


ユビウミウシ/TAKUTO


今日は川奈。
透視度は午前中のほうが良かったな、4~8mといったところだろうか。
ダンゴウオが多くて、探さなくても会えるような「お祭り状態」だった今年の川奈。ここにきて少しフィーバーが落ちつき気味だ。

ダンゴウオ/TAKUTO


ブラック&ホワイトの見た事ないウミウシはクロモウミウシだろうか?かなりオシャレ度高かった。
ちょっと久しぶりの川奈だったけど、川奈独特の泥砂海底はやっぱり面白いね。
さて、明日はどこに潜ろうか?
本格的春の海。賑やかで面白すぎて困っちゃうね。
 
クロモウミウシ/YUIMIKO


クロモウミウシ/TAKUTO
 
 
(写真は全てゲストのタクト&ユミコ撮影)

2015年4月29日水曜日

紅絞


ベニシボリガイと卵塊


2015年4月29日 伊豆半島 赤沢
水温16.1度 透視度8m(表層) 15.6度 透視度15m(水深20m)

港内のミスガイのコロニーは船長の雷が落ちないところにも広がってきた。潜降して15秒で出会える、脅威の近距離(笑)
どこまで広がるんだ、赤沢のミスガイ・・・...
 ダイバーに人気の貝。ベニシボリもちゃんと居ますね。毎年同じ所だから、よっぽどそこの環境が好きなんだろうな。でも去年よりは少なめかな。

ここのベニシボリは、8ミリくらいあるんじゃないかな?結構大きい。
たぶんずっとここに棲んでるんだろうと思う。普段は砂の中に潜ってるから気付かないけど、産卵のシーズンになると、ネジネジの卵が砂に産み付けられるのでバレバレだ。

 ヒゲダイの幼魚もいたし、マツカサウオ7匹もいるし、見どころ結構あるのだけど、意外と人気なのがウミフクロウだったりして。
「ウミフクロウ可愛い!」って。女子に人気がある。


 
オルトマンワラエビ


ボートは5番に行ったけどアオウミガメには出会えなかったぁ。
ブイ直下のヤギにトラフケボリとか。25mあたりには、あんまり逃げないルリハタいますね。
4番よりの穴にはヤリイカの卵、ここの卵はまだ誰も孵化してないみたい。水深20mあると、ちょっと冷たいからかな?


ヤリイカの卵
 
アクアティックは、連休後半は4日以降のガイドだと、まだ大丈夫ですからね~
5月3日までのご予約は締切りとさせて頂きます。
 


http://www.azarasi.jp